2020年5月31日日曜日

金さえ持てば先進国になるってもんじゃないんだぞ

ザンビアで不当な扱いを受けた現地人によって、3人の中国人が殺されたらしい。

中国人、黒人を差別する。いや、ウイグルの回族(イスラム系中国人)も、チベット人も差別し、土地を奪っている。エスニック・クレンジングというヤツを継続的にやってるんだけど、世界の左翼は中国ならそういうのも許容して来た。
中国では人権は華人にしかない。それも、都市籍の人間と農村籍の人間では違いがある。

重層的な差別も共産主義国家の特徴だ。本当にひどいもんだ。キューバでなんか、肌の色が白い方が出世する。

このまま中国が膨張すると、世界史が何百年後退するかわかったものじゃない。いや、数千年か? 中国に合わせると、世界は古代に戻る事になる・・・





2020年5月30日土曜日

面倒臭い奴らだな。つきあいたくない。

中国って世界中で色んなものを盗んでる泥棒だよな。
嘘つきでもある。
恥知らずだし、不衛生だし、能力もない。
強欲で、金の亡者で、善悪の区別がついてない。
傲慢だし、無作法でもある。

他にもあるけど、こういう馬鹿げた特徴は、マルクス主義を国是とする、共産党政権では特に強く表に出る。ロシアもそうだったし、今も生き残っている所では、北朝鮮も、キューバも、ニカラグアも、ベネズエラも同じだ。これらの国々では、監視と暴力で国民を抑圧・統制している。

ただし、よく見ておかねばならないのは、元々そういう人格の者たちがそうした専制政治を作るのではなく、知的で真面目な者たちが結局はそうした国家の悪を集約した権力を作り上げてしまう事だ。マルクス主義の悪は、個々人の悪ではなく、もっと抽象された、メタな悪として観る必要がある。
日本では戸田徹、笠井潔ら「マルクス葬送派」が取り組んだ事だが、そんな面倒臭い事をやろうという者はその後絶えていない。

まだ、マルクス主義でどうにかなると、無根拠に思い込む間抜けは後を絶たないが、何せ間抜けだし、数も少ないので、エラーとして無視できる。放っておけば自然に消滅するたぐいだ。

でも、中国も北朝鮮も、自然消滅にまかせるのは危険なので、当面、制裁で自壊を促進し、場合によってはその先の手立てを講じなければならないかもしれない。

出来るなら、そうした手間はかけさせないでもらいたい。





こっちはほぼうまくいってるみたいだから、スイスイ先に行く事考えよっと

アレだね。元民主党というか、民主党系というか、左翼野党は、二度と政権につくなんて自分たちも思ってないから、ただただ現政権に因縁つけるのに専念して、次の選挙で「批判票」とやらを獲得しようとしてるだけだね。
ありとあらゆる事にいちゃもんつけて・・・今の言葉でモンスターって言うの? 見てて後味悪いね。何が森友だよ、花見だよ、PCRだよ・・・馬鹿さらしてるだけだ。
公務員定年延長ではヘタ打ったけど、種苗法改正反対では、中国や韓国に都合がいいから、頑張って反対してるね。さすが国賊勢力だ。露骨だね。恥知らず。

あんなのいつまでやってるんだろう?
やらせてる連中も、手詰まりでしかたないんだろうけど、閉塞感凄いだろうな・・・

他人事で良かった。





違う事は悪ではないなんてキレイ事 俺は女よりエテ公に近いのがいい

昔、京大の霊長類研究所は男所帯だったそうだ。
そこにアメリカ人だったか、女性の研究者が入って来た。
その女性、
「メス猿は理解しやすいのに、オス猿はまったく理解できない」
というような感想を持ったらしい。
ところが、それまでは話が逆で、オス猿は理解できたのに、メス猿はさっぱりわからないで来たのだという。
人類男はオス猿が理解できるが、メス猿は理解不能。
人類女はメス猿が理解できるが、オス猿は理解不能。

猿と人類の差は数パーセントしかないという話があるが、猿と人の差よりも、男と女の方が大きな違いがあるかもしれない。

これは、個人的にはほぼ確信と言っていい。




理解を超える人というのはいるものだ

注射は嫌いだ。
まず、あのアルコール消毒が痛い。

そう言ったら、理解してくれない人がいた。



2020年5月27日水曜日

不要不急の話ですけれど・・・

維新、別に嫌いじゃないんだけど、大阪都構想だけはよくわからない。
けど、東京が都を譲って、府になっちゃってもいいかなと思う。
いや、この際だからバク抜きの江戸府でもいい。

東京府府中なんてえと、府中という地名じゃなくて、府の中と誤解されやすくていい。
江戸府御府中と言ったら、江戸の中という意味になるけど、ほぼそれとかぶるから訳が分からなくなる。楽しい。

そうなると、23区で反乱がおきて、足立区都なんて名乗って独立運動をやる勢力が出て来たりする。江戸川区都なんて長くて言い難くていいな。江東区都も言いにくい。とにかく語呂が悪くてクールだ。
これは23区戦国時代として、力で都の名を争えばいい。
そうなると、例えば、台東区都東京府世田谷区なんてなるわけだ。気持ちいいかも。

で、何が言いたいかと言うと、大阪都って、例えば江戸都と同じで、語呂が良くないよね。





2020年5月26日火曜日

変容を前に

緊急事態宣言が解除となる。何だか気持ちが楽になった。現実の変化はないのだけれど、対策に取り組んでいた政府が解除の判断をしたというのは、やはりホッとする。

宣言を出した時、感染が拡大していた。2週間前のデータを見ながら、これから先どうするか決定しなければならない。発生源の中国はデータを隠し続けていて、公式発表が事実である可能性は低く、嘘である確率は極めて高い。つまり、何もわからないで判断しなければならない。わかっているのは、精度の高い検査はなく、治療法もないという事だった。

感染増加傾向にある2週間前のデータと、各国の感染状況を見て、緊急事態が宣言された。その後、日本では感染がさほど拡大する事なく、宣言解除となった。3月からこっち、物はなくなって行くし(トイレットペーパーがなくなったのには本当に困った。ティシューペーパーはトイレに流せない作りなのだ。なくなったら何で尻を拭くか、色々考えたが、ギリギリ何とかなった)、マスク着用に慣れなければならないし(出かける時、マスクを着け忘れ、何度も戻った。使い捨てのマスクを繰り返し使って来たが、布製でもいいというのは良かった。それぞれのセンスが生きるアイテムになって来た)、適応に苦慮したが、かろうじて間に合ったかと思っている。

こういう事は結果オーライがあたりまえというか、それしかないので、これは成功と言えるだろう。失敗を主張する人もいるが、そんなものじゃないよと思う。

ただ、緊急事態終了後、今回の事を検証する必要はある。これからも何が起きるかわからないのだから、緊急時の指針となるレベルの検証であって欲しい。検証の過程では、ネットにある様々な意見も可能な限り吟味してもらえると思う。これまでは、そんなものにいちいち構っていたれなかっただろうけれども、ここからは少し余裕が出来るはずだ。



2020年5月24日日曜日

こっちの最低とあっちの最低のどっちが最低か選べって・・・酷だぜ

小池か堀江か・・・究極の最低はどっちか・・・????

身勝手度
 小池

無責任度
 小池

軽率度
 堀江

底見え度
 同着


・・・やめよう。こいつらの事なんて、考えるだけで不快だ。


そういえば、前の時、強姦示談男・鳥越なんかが候補者だったな。その前は石田も出ようとした・・・石田、美女付きゴルフ好きで、沖縄だけじゃなくハワイにも行ってたてえ身勝手無責任軽率薄ら馬鹿。それが都知事って、コロナ石田、いやさコロ石、コロ田、舐め切ってる・・・
左翼の候補がグロテスクだったおかげで、最もグロの小池が小手先の技で当選した。これでまともな人材は馬鹿げてるので近づかなくなった。

石原さん、本当に良かった・・・というのは繰り言になるけど・・・




妄想的、実録中共映画のススメ

中共は日本と戦争していない。

抗日戦などというが、毛沢東の中共軍は日本軍と戦っていない。日本と戦争したのは蒋介石の国民党軍だった。国共合作で、国民党と中共が協力する形になっていた時も、中共軍は国民党軍を後ろから攻撃したけれど、日本軍とは銃火を交えなかった。
それでも二度にわたって中共と手を組もうとした蒋介石は、抗日戦争で苦しみぬいたのだろう。毛沢東は日本と戦争する気などなかったし、中国の運命など考えもしなかったから、まったく苦しまなかっただろうね。

満洲で匪賊をやっていた金日成の方が、ある意味では毛沢東より根性があったかもしれない。ロレッタ・ナポリオニが、金日成はこの頃、妻と出会っていると書いている。
この匪賊を自軍に入れ、国家指導者に引き上げて北朝鮮を作ったのはソビエト・ロシアだけれど、朝鮮戦争で韓国に侵攻したのは失敗だったね。

中共も、北朝鮮労働党も、軍隊は党の軍隊であって、国の軍隊ではないのは同じだ。

中共は凄まじい権力闘争を歴史としているが、深作欣二が「実録仁義なき中共」てな映画を作ったら面白かったかもしれない。毛沢東から林彪から、みんな広島弁で抗争する。本当に仁義などないから迫力は凄い。

「のう、林彪、半島に出張ったれや。イモ引く真似はすんなや」
「わかっとります」
なんてのが、朝鮮戦争当時の会話。
林彪は銃などない、素手の中国人を後ろから追い立て、国連軍(米軍)に突撃させた。当然、おびただしい数の中国人が死んだ。これは大東亜戦争当時、国民党軍が日本軍相手に用いたやり方で、中越戦争の時にも、中国は同じ事を繰り返したという。中越戦争当時、中国軍を迎え撃ったベトナム民兵が中国軍の数の多さに恐怖したという。

中共史の実録映画作るなら、台湾しかいない。中国は「反中国映画」だと非難するだろうけど、アジアはもちろん、世界マーケットを狙える。武壇の武道家たちが中共に弾圧される下りなど、大アクションになる。
誇張などしなくても、中共の悪をそのまま描けば、十分に凄まじい。

国民党が中国に支配されるところとなった現在、しかし、女傑が起ち台湾を守り抜くなんてのもいい話になる。
日本も協力せんものと駆け付け、国内の国賊を駆逐しつつ、台湾とともに覇権を目論む中国と戦うとなると、凄くいい。

本当にやらないかな、台湾。





2020年5月23日土曜日

穏健な常識としての国粋主義

これは何度でも言おうと思ってる事です。

排外主義と国粋主義はまったく違います。

国粋主義は、今の言葉で言う「出羽守」がそこら中に発生して目に余るので、日本にはこんなにいい所があるではないかとしただけの、常識的で穏当な考えです。

国粋主義が排外主義だったとしたら、戦前の大東亜共栄圏、五族協和といった考えが出てくるはずがありません。

(大東亜とは、アジアの事です。そして、五族とは、漢人・朝鮮人・満洲人・蒙古人・日本人を指します。まったく排外性などありませんね)

欧米に留学した者たちを中心に、ヨーロッパ中心主義が蔓延していたのです。それ自体が恥ずべき後進性なのですが、出羽守さんたちは自分の事には頓着しないのですね。

ですから、国粋主義は、欧米であろうと、アジアであろうと、中東であろうと、美点は美点としてあたりまえに認め、日本の美点と同様に評価します。

私の知る限り、今となっては私を含めて2人しかいない国粋主義者ですが、狭量な考え方であるなどと侮られる覚えはかけらもありません。

ただ、多文化主義などと言って、実際は、相手ばかりを認め、自分の文化をどこかにやってしまうのは、向きを変えただけの出羽守でしかないと考えています。




2020年5月22日金曜日

中国とは、これから仕切り直しした方がいい

今回の近平ウイルス(新型コロナ)で、日本は未体験の危機管理をしているわけだけど、今のところそんなにマズくないんじゃないかと思う。経済のダメージは世界中どこも痛い目を見ていて、比較したら他よりひどいのかどうかがわかるから、その上で評価すればいい。感染状態については、これ以上は望めない形で来ている。
この先もぶり返す可能性はあるから油断は禁物だけれど、今の所、もうちょっと我慢していれば息がつける感じだ。
気の早い人たちもいるようだけれど、色々と評価は、もう少ししてからの話だろう。そして、やるからにはちゃんと、厳しくやるべきだ。

今回、私たちはウイルスの脅威にさらされている。事態は刻々と進展し、まだ5月なのに、2月、3月の事を思うと、何から何まで違っているのに驚く。
あの頃は、本当に何もわからなかった。これは危機管理に取り組んだ政府や医療関係者も同じだったと思う。

自粛策を過剰だと感じている人もいるようだけれど、2月頃にこれからどうなるかなど何もわからない時に判断しなければならないとしたら、危機管理としては最悪の事態を考えて備えようとして当然だろう。

中国は下手を打ち、やたらと事実を隠し、嘘ばかりついていた。WHOはその嘘を上塗りするだけだった。
そういう時、万が一であっても、近平ウイルス(新型コロナ)がバイオ・ウエポンである可能性まで考慮していなければ嘘だろう。

そうして対策を考えて行って、出来る限りの手を打ったように思う。法的にも、これ以上は不可能だった。

イタリアの状態を見ながら、ああなる可能性があるのだと考えたら、過剰であっても手を打つしかなかったと思う。

結果として、幸いな事に日本は欧米諸国ほどの危機に直面しないで済んでいる。だが、危機管理を担う側は、結果ではなく、可能性に向かい合っている。そうした事を理解しようとしないで、ただ政府批判をしたいなら床屋(大幅に古いね)ででもやってくれと言うしかない。


*近平ウイルス(新型コロナ)はバイオ兵器ではないようだが、中国が感染が始まった段階で事実の隠蔽を目論み、その後もデータを公開しないで来た事、調査を拒否し続けている事は、中共の無能と幼児性を物語っている。嘘ばかりつく彼らの体質を改めて認識させてくれた。また、普段から各国からあらゆる物を盗んでいるが、今、悪質なハッキング行為を劇化させているのは、彼らの凶悪さも示している。
馬鹿げた事を繰り返すのは馬鹿だからかもしれないし、無知だからかもしれない。
どちらにしても、私たちは中国から身を守るために本気になる必要がある。これは今、これからの課題だ。



2020年5月19日火曜日

あんな馬鹿、知事にしといたら、東京の恥なんだけど・・・

小池の百合子さん、段々とマスクが大きくなってるらしい。小顔に見せるためかもね。

で、夜な夜な、マスクをして、

「マスクよ、マスク。この世で一番知事に似合ってるのは誰?」

と聞くと、マスクが、

「百合子サマでございます」

と答える。

間抜けな都職員が間違って、それを見てしまうと、どうしてだか、いつの間にか手にしていた鎌を振り上げ、物凄い形相で、

「見ぃーたーなー」

と叫びながら追いかけて来る・・・


都庁の小役人なんか消えても誰も気にしないけど、今夜は何だか冷えるな。




東京新聞という檻

衣塑子さん、やらかしたらしい。

4月30日東京新聞朝刊1面の

<新型コロナ>抗体検査5.9%陽性 市中感染の可能性 都内の希望者200人調査

という記事を、望月衣塑子記者が4月30日午前10時56分にツイッターで紹介したという。

記事の方は、統計的に無意味な数字を、さも意味があるかのように扱い、政策批判をした馬鹿記事で、薬をつけてない無知丸出しの内容だったらしい。
それで批判が殺到し、月12日付け朝刊に社会部長名でお詫びが出る始末となった。

でもツイートした望月衣塑子記者は、その後知らん顔を押し通しているという。サスガ。


衣塑子さん、東京新聞記者で良かったと思う。そこらで野放しになってたらいい迷惑だ。本当は政治家とかになりたそうだけど、そういう心得違いは起こさないで、ずっと、もう、ずーっと、ずーずーずーっと、東京新聞にいてください。東京新聞さん、いさせてください。名前だって、衣塑子さんなんだし、野放しは困るし、ジャーナリストが似合ってるし、ね、東京新聞ですよ。




俺、ディスタンス、多めにとられちゃってるかも

自粛って、今まで通りに暮らしてたら近平ウイルス(コロナ)の感染が増えて、医療崩壊が起きてしまうので、それを防ぐために、まず、感染しないように自宅から出ないでいるのが一番だという事だったと思う。

感染すると、コロナとしては軽度の症状だとしても、味覚嗅覚がなくなったり、息ができなかったり、ひどい咳が続いたりと、惨憺たる状態になるらしいし、自分だけじゃなく、人にもうつすから、やっぱり何もないのが一番だというのは個人的な問題で、国としては医療崩壊さえ起こさなければ、感染者の面倒は見られるという姿勢だろう。

それは当然の事だと思ったし、今も自粛を続けている。医療は崩壊せず、持ちこたえている。

ちょっと状態が落ち着いたら緊急事態を解除する国が出ているが、それはもう医療が崩壊しちゃったんで、面倒見きれないから、不便をおかけする理由もなくなりましたという話だと思う。それは、それぞれの国の政治的判断であって、どちらがいいと拙速に判断すべき話ではない。比べようなどないからだ。

他所と比べるよりも、自分は何をするかの方が大事だ。何をするといっても、当面、緊急事態が続いているのだから、家で大人しくしているだけだ。これが解除されるとしても、マスク着用や人との距離を取ると言った事は続くわけだし、すべてがコロナ以前に戻る事はない。

でも、それはただの変化でしかなく、憂鬱というわけではない。いや、場合によっては、不潔をさけるという意味では喜ばしいかもしれない。




2020年5月16日土曜日

ならぬ堪忍と言うけれど・・・

上野千鶴子が東大の入学式でわけのわからないことを言ったというのを聞いて、いつまでも幼稚なままで婆さんになったんだなと感じた。
ああ、でも、幼稚なのは上野ばかりではない。内田樹も幼稚だなと思い直した。
そうだね。左翼って、幼稚な人たちと、礼儀知らずのクラスタになってしまった。

立民の福山哲郎が尾身茂氏に無礼な態度を取ったらしいが、礼儀も知らないような者に政治家など務まらないと知らないのか? まあ、立民が政権を取る可能性は多く見積もってもゼロだが、政権を取ったら外交とかやるわけで、その時に礼儀ひとつ知らないでは話にもならない。つまり、礼儀知らずというのは、政治家としての能力がないと告白しているのと同じだし、ものすごく恥ずかしい事だ。立民に投票した人たちは穴を見つけて入ってください。福山なんて、頭も悪いし、無能の塊で、箸にも棒にもかからない穀潰しだね。

福山や、内田、まあ、左翼の脳足りん連中は、日本は近平ウイルス(コロナ)の死者が少ないという、不幸中の幸いの事実を、どうしてだか怪しんで、死者を隠しているに違いないと思い込み、騒ぎ立てている。
あの、隠したのは、あんたたちが大好きで、ひれ伏してる中国政府(中共)であって、あんたたちが逆立ちしてもかなわない自民党が政権を運営してる日本じゃないんだぜ。

事実と自分の思い込みが違ったら、普通、自分の考えを訂正するものだ。人は、間違った事を思い込んでいたり、誤解していたり、偏見を持っていたり、無知だったりするものだ。それはしかたのない事で、悪いことでも何でもない。

悪いのは、思い込みに固執し、正すべきを正さない事だ。つまり、幼稚な人たちは、自分が間違っていたと認めるのが耐えられないようだ。

そういう意味では、中共も北朝鮮も幼稚なところがある。

馬鹿馬鹿しくなって来るが、物事は低い水準に合わせて進めなければならないというから、左翼をあやしながら色々とやっていくのが大人の務めという事なのかもしれない。でも、いつまで薄らバカに我慢できるかはわからない。







最近、ケイティー・ウェブスターばっかり聞いてる

ローリング・ストーンズに「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」という曲がある。もう知らない人のが多いと思うけど、俺、ひどい生まれで、ひどい育てられ方をしたけど、今となっては、実際のところ、そんなの屁みたいなもんだ。俺は操り人形(ジャック・フラッシュ)だもん。もう、いいんだ・・・てなことを歌ってるんだと思う曲だ。

不確かなのは、こっちの理解力の水準が低いからだろうけど、まあ、これで行く。

操り人形(ジャック・フラッシュ)というのは、ミック・ジャガーの動きを指してもいるんだろうけど、どうせ俺たちは操り人形みたいなもんだよという諦めと開き直りが入り混じった冷めた感覚があるように感じる。
ひどい事ばかりの操り人形だけど、それならそれで操り人形に徹してやろうじゃないか、タフに行くぜみたいな感覚ね。

日本の安全バンドというグループの曲に「あやつり人形」という作品があるんだけど、こっちはものすごく素直に、操り人形と変わらないという自意識を持った青春が、それを拒否して、独力で生きていこうとするといった青春の旅立ちの歌になっている。美しい。

ストーンズは、これにひねりを入れてるわけで、操り人形が糸を切っちゃったらへたり込んでお終いだから、ひどい目にあった過去なんか屁(ガス)で、飛び上がってる今が本当なんだと虚実を入れ替えるって、そこまで自分を捨ててかかるなんてかなりのものだ。

もう死んじゃったロック音楽だけど、こんな捻りのきいた曲もあった・・・なんてえと、いかにも年寄りの繰り言だあな。





2020年5月13日水曜日

ブライアン・アダムズっていい歌手だよね

カナダ人歌手のブライアン・アダムズが、近平ウイルス(コロナ)を

「コウモリを食べ、市場で動物を売り、ウイルスをつくる卑しいやつら」のせい
だと言って、謝罪に追い込まれた。

検証しよう。

コウモリを食べ、市場で動物を売り、ウイルスをつくる」

というのは中国の発表したところだから問題ない。

「卑しいやつら」

というのは主観だが、主観を持ってはいけないという法律はない。でも、誰かが不快に感じさえすれば謝罪は取れるご時世だから(言論隣組だね)、しかたがない。謝罪の運びとなった。
そこで、

コウモリを食べ、市場で動物を売り、ウイルスをつくる」ご立派な方々「のせい」

とすれば、まったく問題ない事になる。(ンなわきゃねえか)。

だめなら、ここで主観はやめて、

コウモリを食べ、市場で動物を売り、ウイルスをつくる」中国人「のせい」

なら問題にしようがない。全部事実だもんね。



2020年5月12日火曜日

左翼野党には消滅こそがふさわしい

左翼野党などがPCR検査を増やせと言い募っているが、どういうつもりなんだろう?
ただただ反対したいだけで、近平ウイルス(新型コロナ)対策に有効かどうかなど考えているとは思えない。

PCR検査の精度が高くない事、検査技師の確保、検査環境の保全などを含む検査能力の維持、医療崩壊の防衛といった重要事項を無視して、ただただ検査を増やせというのはどういう了見だろうとあきれ果てる。

現状でバタバタと患者が死んでいるという事もなく、爆発的な感染拡大も起きていない。それならば、ヒステリックに馬鹿げた非難を繰り返す必然はない。

自粛要請に従って、緩やかに自粛する事で十分に医療崩壊を防ぎ、感染の拡大を抑制できている。これ以上どうしようもないのだから、誰かが悪いと、人のせいにしたがるのはどうかと思う。

安倍政権は落ち着いて、淡々とやるべきことをやっている。左翼野党が無理難題を吹っかけても、腹が座っているのだろう、静かに、冷静に応えている。

左翼野党は、腹が小さいのだろう、すぐに声を張り上げ、感情的になり、「お前のカアちゃんデベソ」というのと変わりないレベルの因縁をつけて凄んでいる。惨めだ。

左翼野党は、日々支持を失い、追いつめられているのだろう。それは自業自得で、もう彼らにつける薬はないと誰もが感じるだろう水準に落ちたのだから、後は粛々と消滅するしかない。
左翼野党が消えても、左翼官僚はしばらく残るかもしれないが、そのうち無力化する。文科省から左翼がいなくなれば、教育関係の汚染も駆除されるだろう。文科省から出る金がなくなれば、左翼文化人も消える。大学と文化人業界が除菌されれば、広告代理店とマスメディアの有害分子も駆除される。もちろん、自民党内の国賊も居場所がなくなる。

そこでやっと出発点だと思う。




コロナ(近平ウイルス)後の世界は・・・

内田樹とか、その手合いの連中の望まない世界がいいな・・・


2020年5月11日月曜日

路上という魔界

道で売ってるマスクを買ったら粗悪品だったという人がいるようだ。

昔は万年筆なんかでそういうのがあった。
道で万年筆を売る男がいて、人が集まっている。
「小岩の工場が焼けて水をかぶった物だ。元々は輸出用で品はいいし、水をかぶったと言ってもちょっとの事で問題はないんだが、出荷は出来ない。そこで、今日は特別に2本で〇〇円でお分けしたい」
てな事を言って(小岩の下りは赤瀬川源平がネタにしてたヤツ)、間違いのない品を証明するために(今で言うエビデンス)、万年筆をライターの火であぶって見せる。
そこらで、
「おお、じゃあ、2本セットを2つもらおう」
という人が現れ、それにつられて、じゃあ俺も買うという人々が続く・・・

もちろん、その万年筆は間違いのある品で、インク漏れがひどくて筆記用具の用などなさない。当然。

トルコのイスタンブールで路上で体重を計る商売をしている人がいた。体重計を置いて、そこに客を乗せ、数字を読むというビジネス・モデルだった。
イスタンブールでは、他に、空になった使い捨てライターにガスを注入する路上ビジネスもあった。
イスタンブールの路上ビジネスは、万年筆なんかとは比べものにならない堅実さだった。

という事で、道マスクは万年筆に近いもののようだ。

そのマスク、ライターであぶってなかった?




2020年5月5日火曜日

緊急時と通常時の区別、ついてない人、けっこういるみたいだね

「新しい生活様式」

 そうか、まだ周知徹底してないのか・・・

 パチンコや行楽に行ってる人いるんだもんね。ええと、どこのクソ田舎だっけ、ああ、山梨だ。空っぽの頭に身勝手だけがつまってる山梨のコロナ女も出たし、何もわからない人たちがいるんだね。

 繰り返し周知をはかるしかない。




北海道だと「やめれ」と言うんだと思う。不確かだけど

影響力のある人たちが、色々とおっしゃる。普段なら毒にも薬にもならず、どうって事ないが、みんながピリピリしている時には刺激的だったりする。しかも、内容は「今、そんな事言ってどうするんだよ?」と思わざるを得ないものばかりだ。

さらに、左翼系の人の発言には誤情報、嘘が多い上、前にこう言ってたじゃないか、お前だよ、おめえ・・・と感じるものもある。いわゆる、おまゆうだ。

これを「おまゆう」とすると、「今かよ」というのは「今ゆう」になる。同じ規則をあてはめるとすればね。

「今ゆう」と「おまゆう」。どっちも足を引っ張るだけで有害なだけだよ。




2020年5月4日月曜日

さっさと改憲しよ

 野党や、野党支持者、まあ、左翼だわな。あの連中、結局、コロナ対策ですら足しになる事はひとつもやらないで来た。
 何から何まで安倍さんを非難し、上げ足を取り、それによって自分たちの存在を示し、あわよくば支持者を増やそうとして来ただけだ。
 他のやり方をしらない妙な連中だという事を十二分に知らしめてくれた。

 あいつら、どうせ数は少ないんだし、無視したって影響なんかないんだから、憲法改正でも何でも、気にしないでやっちゃえばいい。


 中国がここまでダメで、世界に近平ウイルス(中共ウイルス、武漢熱)を広めてしまうとは予想がつかなかったし、危ないとわかっても、一朝一夕に揃えられる物事にも限界があった。今は我慢をしながら、能力を使い切ってしまわないようにするしかないし、実際にやっている。ちゃんとやっている。
 
 文句を言ってる奴らは、政府や国民の多くが、出来るだけの事をやっているのが目に入らず、ない物ねだりをしているだけだ。リスクを予想し、準備をしておかなかったのは無責任だと言う言い草には、今まで散々安倍批判をして来たんだから、こうなる事ぐらい予測して、ずっと前に買いだめのひとつもしておくべきだったねという形でお返しをするしかない。

 妙な陰謀論には、政府は無能だと言ってるんだろ。無能な政府がそれほど高度な陰謀を出来るわけないと言うしかない。

 要するに、馬鹿げた因縁をつけてるだけだ。

 という事で、相手にしなくていいから、さっさと改憲して、北朝鮮や中国から自国を守れる日本にすべきだ。

 反対する連中は、中国派か、その影響下にある者たちだ。幸い、ほとんどが無力な高齢者だから、精神的には凶暴凶悪であっても、口先だけで実行力はない。ただ、日本が未来に進むのを邪魔させなければいいだけだ。

 日本は、出来るだけ早く改憲すべきだし、原発も再稼働させて行くべきだ。







2020年5月3日日曜日

内田樹って、小馬鹿だな

 友達が教えてくれた。内田樹の馬鹿さを丁寧に指摘したブログだ。


政治学者が内田樹「コロナ後の世界」にマジ切れしてるので聞いてくれ: 内田樹が煽る4つのデマ|アイ・アラン|note


 前から、あの程度の頭でレヴィナスに歯が立つのかなと疑問を持っていたけど、いちいち確かめるのが面倒だし、内田ごときにそんな手間をかける気がしないので放っておいた。そしたら内田をよく知っているらしい人が的確に批判していた。

 内田樹は反原発運動から目立つようになった。時々、発言の断片が耳に入ったりすると、何だか大げさで頓珍漢な人だねと思う程度で、さして気にもならなかった。反原発運動なんかやっている連中に興味などなかったからだ。馬鹿じゃないのとしか思わなかった。

 でも、そういう勢いに乗ると、次から次にお題が出て来るのが左翼運動だから、流れに乗ってそっち方面の巨匠扱いになってる印象があった。もちろん、一般的な意味では巨匠ではなく、認知症に近いのだけれど。

 で、何かの時にウィキペディアを見て驚いた。内田樹の記事にレヴィナスの名前があった。

 正直な感想:嘘だろ。レヴィナスって、思いっきり深掘りしぬいた複雑で陰影があって面倒臭いの限りをつくした人だぞ。ユダヤ教から何から絡んで来て、ちっとやそっとじゃ手に負えないぞ。どうして内田樹が・・・?????

 結局、まったく手に負えてなかった事がわかった。そうだろうなというのが感想だ。
 まあ、どうせレヴィナスなんか、ほとんどの人には無縁だから、内田樹が何やっててもバレないし、いいんだけどね。他人事だから。

 でも、お座敷がかかるからか、反原発で馬鹿さらけ出しはじめてからはしゃしゃり出て来るようになった。目立ちたかったんだね。でも、その中身たるや、太田竜のくだらない陰謀論の規模をこれよりみみっちくしたら町内会の陰謀レベルまで小さくしなけりゃならないぐらい縮めた、馬鹿丸出しの陰謀論をとうとうと繰り広げてる。この程度の頭の持ち主が、ちょっと若かっただけで手を出したレヴィナスで、いつの間にか有段者というのは無理がある。ビートルズに憧れて音楽始めたけど、やってみると、どうしても歌謡曲になってしまうみたいなズレというか、ダメというか、誤解の産物というか、薄いというか、憐れというか・・・

 団塊の世代の一番馬鹿げた人たちの劣化しきった脳の劣情処理にはいいのだろうけれど、内田の惨めな陰謀論が社会的であったり、政治的であったりする事はない。そういう意義は持たない。
 本人は社会的、あるいは政治的な発言だと思って、いい気持ちでブチ上げてるんだろうけど、個人的妄想以上の中身はないからだ。

 つまり、何なのだろう、この人?




2020年4月27日月曜日

近平ウイルス、中国現地ではどうなってるんだろう。ホントのとこ・・・

 中国政府は、この2020年4月18日から、近平ウイルス(新型コロナ・ウイルス、ないし、COVID-19)後(といっても、表向きだけのような気配もあるけど)、香港の民主化運動弾圧を強化している。
世界が近平ウイルス(COVID-19)パンデミックで手一杯の時に、民主主義の芽をつぶすため、中国政府が暗躍している。

習近平中国、悪だよな・・・






2020年4月17日金曜日

安倍さんの速度

何だか、色々と安倍さんに対して
「遅い」
と言ってる人たちいるけど、安倍さん、日本の政治家の中では、一番仕事早い人だぜ。
もっと早いというと、アメリカのトランプ大統領がいるけど、トランプさんぐらい早いと、追従できる奴、政治家でも、役人でも、マスコミでも、いないんじゃないかな。
あの人はビジネスマンの速度で、それだから中国を捕捉して、対立姿勢取れるという所もあると感じる。

安倍さんを
「遅い」
と言ってる奴、てめえがどれだけ早いか証明した事ないんだから、つまり、遅いんだから、偉そうにしてんじゃないっての。


安倍首相は遅くなどなく、しかも、きちんと周囲を見て、早すぎる事もなく、いい速度を出している。






2020年4月16日木曜日

米台日 対 中国対立のススメ

マスコミは「米中対立」とか言ってるけど、日本も中国と対立しようよ。
アメリカや台湾と一緒になってさ。
香港も救おう。
ウイグルもチベットも救おう。

それが人の道ってもんじゃないか?



グローバリズムと虫下し

中国、中共ウイルス(新型コロナ)ですっかり信頼を失った。信頼していた方がおかしかったと、誰もがすっかり目が覚めてしまった。
それで焦ったのだろう、医療品を輸出する「マスク外交」で信頼を取り戻そうとしている。しかし、その背後で、マスク輸出と引き換えに「賞賛」を求めるといった小細工を弄している。もちろん、輸出のほとんどは有償だ。

さすがに共産主義者は下品だ。物でつって信頼を勝ち取ろうというわけだが、信頼はそういうものではない。案の定、輸出した医療用品の多くが不良品で使い物にならないらしい。

ちょっと前まで「一帯一路」とか言って、鼻の穴をおっぴろげてたのが、今は信頼回復だ。しかも、それも失敗している。

まあ、「一帯一路」とか、まだまだ器じゃなかったな。いわゆるひとつの百年早いというやつだ。未熟きわまりない。天下人にはなれない。


中国は、これまで、自由市場の中で、閉鎖的な国家主義を押し通し、いわばタダ乗りして来たわけだが、それに加えて、他国の企業の情報を盗み、特許を侵害して来た。中国の企業は中国共産党や紅軍の幹部や一族が直接経営するか、裏についている。これが、企業ばかりでなく、各国政府の情報も盗み出している。寄生虫と言っていい。

グローバリズムは、寄生虫である中国が、市場にタダ乗りするのを許容するものだった。
もちろん、これで利益を得ている人物、企業があったから成り立っていた。

だが、その利益も今回でチャラになったり、苦しくなったんで、このモデル、そんなにおいしくなくなって破綻する。

虫下し飲んで、グローバリズムを終わらせる頃合いだね。




2020年4月14日火曜日

本当は効果あるの? ないの? WHOなんかいいから、知りたい

WHOが中共ウイルス(新型コロナ)予防にBCGが効果ある可能性を否定したという。

WHOがそう言うなら、効果あるのではないかと思ってしまう・・・


あの、もう小学校で男子も女子もパンツ一丁でならばされてBCG打った人は、今打つ必要ないんだからね。子供の分を取ろうとしないでね。そういう薄らバカな真似はしないようにね。





2020年4月12日日曜日

どんどん化粧が濃くなってく

小池百合子、コロナ対策で国と都の連携について、
「社長だと思っていたら中間管理職だった」
とブーたれたらしい。

ふうん、中間管理職、見下してんだね。嫌なババァ・・・



2020年4月7日火曜日

おっと、うっかり

前のブログは、都市封鎖をしてくれという意味ではなくて、困った事に緊急事態宣言が出るまでになっちゃったねという趣旨です。

確かに後から見ると、どちらとも取れる書き方ですね。うっかりしてました。

ご容赦を。


都市封鎖じゃないんだから、もう、買い占めとかやめましょうね。供給はあるんですから。それを滞らせるのは買う側ですよ。



2020年4月6日月曜日

緊急事態宣言は都市封鎖と違うんだけど・・・

「何とかデスタンスってのは何だ?」
「クラスターの事だろ」
「そりゃコンプライアンスと同じか?」
「うん、ガバナンスもだ」
「・・・ンスで終わるからな」
「テレワークって言うようになったらしいぞ」
「あ、糖尿の薬飲むの忘れた・・・」








2020年4月3日金曜日

心情的には冷たくしたくないんだけど・・・


ライブハウスが国に損失補償を求めるらしい。

ライブハウス 国に損失補償など求め30万人余の署名提出へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため公演の中止などの影響が相次ぐライブハウスなどの関係者が、国に損失の補償などを求める30万人余りの署名を集め、今後、与野党の国会議員などに提出することになりました。
ふうん・・・

こんなんじゃなくて、中国相手に集団訴訟起こせばいいのに。




2020年4月2日木曜日

心配するより手を洗おう

中共ウイルス(新型コロナ肺炎)について、疫学の素人が何か言ってもノイズでしかないと考えて、言われた通りにしているんだけど・・・マスク2枚くれるって、いいと思う。

これまで手に入れられなくて、ゼロだったんだから、2枚は大きなプラスだ。洗える物だというから、さらにいい。素晴らしい。

政府はマスク2枚だけをやってるわけじゃないんだし、これでことさら文句を言ってる人は、何か意図のある者と、それに乗せられた人が多いんじゃないかね。

ウイルスの本家中国政府=中国共産党は、
「マスクをせい」
と命令しただけで、後はドローンまで使って国民を監視、マスクをしていない者を逮捕したり、暴行したりしているだけだ。
中国の画像だとみんなマスクをしているけど、アレ、同じ物をずっと使ってる人が少なからずいるだろう。

それに比べて、日本はくれるというんだから、文句ないだろうに。

恐怖は人を支配するから、取り乱した結果、思考力を失ってしまう人が束になって出現するのは、つまり、パニックは避けがたいが、そんなものに同調しないように踏みとどまる努力は大切だ。
今の東京で都市封鎖なんかしても無意味で、かえって恐慌をきたした人々が買い占めに走ったりと、悪い事の方が多い。諸外国の都市封鎖は追い込まれてやっているだけで、やりたくてやっているのではない。皆様のご要望にお応えして封鎖いたしますというような事態ではない。

小池の百合子さん、腹黒くて小狡いだけで、頭は悪く、理解力がないから、「都市封鎖」なんて口走ってるけど、築地の時と同じで害悪を垂れ流しているだけ。安全と安心がセットだと思ってる程度で、本当は安全を無視して、安心を問題にしてるんだから、相手にできない。

消費税をどうのこうの言ってる人は、消費税をいじるのに、どれだけの人的資源が必要で、手間暇がどれだけのものか、どれだけ効果があるのか、これっぱかりも考えてないに違いない。力を入れるべきなのはそんな所ではないだろう。結局、普段から消費税に反対してる勢力が、惰性で口にしてるだけだ。

中共ウイルス(こう言うと物凄い不潔感だ。新型コロナ)のパンデミックなんて、人類にとって未体験ゾーンだから、先の事など誰にもわからない。いきりたっても事態を悪くするだけだから、落ち着いているのが一番だ。

恐慌心理で不安にかられたら、例えば、医療崩壊がすでに起き始めているように思えて来る。でも、町の病院に行ってみると、普段は混雑している待合室に1人しかいなかったりする。

不安の作り出す妄想に支配されてはいけない。




2020年3月27日金曜日

音楽的尾籠

トイレットペーパーが買えない。買い占めというヤツで、近所にはない。

このあたり、尻の穴が4つも5つもあるヤツが多いのか?

屁で和音が作れるな・・・




2020年3月16日月曜日

この言葉が適切かどうか迷うが、事態を考えて使う事にした

中国の役人がいくら言いつくろっても、根幹の武漢熱コロナ・パンデミックは中国の初期の失策が原因で、悪質な隠ぺいをしている事から「主犯」という言葉を使ってもいい。

そして、さらに言うならWHOは従犯と言ってもいい。今回は、ない方がいいほどの存在だった。役立たず以下という事だ。





2020年3月13日金曜日

いやもう、あのクソ最低以下のクソだった民主党が今、政権にいなくて、心底良かった

一歩先がどうなるかわからない新型コロナ武漢熱対策をしていかねばならない今、民主党政権じゃなくて、本当に、本当に、本当によかった。

あの、クソ最低以下のクソ左翼政権だったら、日本も今の韓国と同じになってたかもしれない。バタバタと人が死んでゆく横で、あいつらは次の党首を誰にするかで揉めてただろう。

あー、コロナは嫌だけれど、民主党政権じゃなかっただけでも、ありがたい。

あの夏、日本人は集団気の迷いであんな連中に国をまかせてしまって・・・
もう懲り懲りだね。

後は嘘ばっかり垂れ流してる新聞とテレビが消滅してくれればね・・・




2020年3月11日水曜日

北朝鮮のミサイル 対 中国発武漢熱 半島対決

北朝鮮、またぞろミサイル発射したけど、武漢熱が怖くて、今は韓国侵攻できないだろうね。韓国どころか日本も怖いだろう。


ところで、習近平、武漢入りしたけど、本物かね、影武者かね・・・?




2020年3月8日日曜日

新型コロナ=中共熱 一帯一路感染の悪夢

イタリアから中国への帰国者4人にウイルス感染症状があったという。
これは一帯一路のブローバックとでも言うべき出来事だ。
新型コロナを「中共熱」としたが、「一帯一路熱」に変えようかな。

ところで、今回の一帯一路熱=中共熱=新型コロナ(ああ、昔あった車の新型みたいだ)に、東日本大震災を重ねるのは、とても日本的な感覚だと思う。
一帯一路熱=新型コロナは中国で発生し、中共政権が初期対処を怠って無能をさらけ出し、大感染にしてしまったものだ。あの震災とはまったく関係がない。

あの時、こっちも、無能な民主党政権で、連中が国民を苦しめたが、中共ほどにはひどくなかった。

震災の時、原発事故で放射能が危険だと左翼が騒いだのと、今、一帯一路熱(長いな。これじゃ武漢熱のがいいな)で右派が騒ぐのを同一視する人がいるが、あの時、放射能の危険なんかなかったが、コロナは実際に感染した人がいるし、放射能と違って死者もいる。

そうだ、一帯一路感染にしよう。

違うんじゃないかね。


で、一帯一路だ。あれはアフリカまで伸びている。もちろん、アフリカでも色々と問題を起こしているが、ワイロで誤魔化している。コロナでアフリカの話は聞かないが、広がっていないとは思えない。アフリカでアウトブレイクしたら、それが中国に戻る。中国は常に戻り続ける感染を相手にしなければならなくなる・・・中国は、もう中国人の入国を拒否するようになるかも・・・

一帯一路が続く限り、一帯一路感染も続く。
ヨーロッパは金に目がくらんで乗ったが、一帯一路はすでに悪夢以外のなにものでもない。





2020年3月1日日曜日

歩く、いや、爆買いするバイオ・テロ、あるいは、迷惑

今回の中共熱=新型コロナ肺炎の流行では、中国政府は情報の隠ぺいをはじめ、余計な所にばかり力を入れて、感染拡大抑止に失敗を続けている。
今回、中国はいかに中身のない、表面的な国に成り下がったかを世界中に見せつけた。

うんざりだな。

中共熱=新型コロナ・ウイルスなんかまき散らしてくれて、もう、中国人は、買い物をするバイオ・テロだ。(大声で話もするけど・・・)

旅行業界のおかげで、色々と我慢させられて来たけど、もういい。
中国人なんか来なくてもいいと感じる。

中国人は、日本を荒らすだけだ。

中共熱=新型コロナ感染では、自分たち(都市籍の漢民族)だけが可哀想な思いをしているという感じでいるが、ウイグルの回族は餓死させている。普段からウイグル自治区は酷い差別と弾圧にさらされているが、中共熱感染拡大後は、さらに凄まじい圧力が加えられている。ウイグル自治区そのものが虐殺収容所とされていると言うと過言だろうか?

カジノなんか、中国人目当ての博打の開帳、やめた方がいい。どうせロクな事がないぞ。





2020年2月28日金曜日

コロナ、改め「中共熱」

中国の初期の対処の失敗が世界に感染をもたらしている。
習近平は、生意気にも日本の対処を批判しているが、自らを省みる事もない愚か者としか言いようがない。

ところで、コロナを中共熱と呼ぶ事にする。




2020年2月27日木曜日

そのうち、携帯電話で話すとコロナが感染すると言い出すんじゃないかね

コロナ報道でマスコミは流言飛語の元凶となっている。
ウイルスは濃厚接触でしか感染しないけど、パニック心理はテレビの電波で感染する。もちろん、電波の方が怖い。テレビ・新聞に接触していると、いわゆる、あの「電波」になってしまう。

今の対策はおおむね何とかなってるのに、これを批判をしてるようじゃ、東京新聞のお騒がせ女記者を例に出して

「女は馬鹿だ」

と主張しているのと同じだ。

本当にネットがあって良かった。マスコミと違って、全部デタラメではない。

時間が経てば沈静化するから、ジタバタ騒ぐな。落ち着いていればいい。




2020年2月23日日曜日

日常力の日々:訂正

コロナ、ワクチンあったみおたいね。日本に。
しかも、備蓄があって、使い始めてる。
他のインフルエンザにも効果があるというし、何だか昨日までと全然違う。

手洗いをして予防は続けるけど、気が楽になった。





2020年2月22日土曜日

あ、コロナの話ね

コロナだけじゃない、「コロ」の付くのにロクでもないものが多い。

コロナ、コロリ、エコロ・・・

最後のヤツが最低のカスだ。




2020年2月19日水曜日

日常力の日々

コロナについて、行政は可能な事をやるだろう。医療も可能な事はやるだろう。それは期待していい。出来るだけはやってくれる。

中国と日本で違うのは、可能な事のレベルだろう。行政サービスも医療も、日本の方がはるかにレベルが高い。
コロナ・ウイルスにワクチンはなく、可能な事は限られているとは言え、基礎的な力の差はある。
中国は、経済成長のために多くを手抜きし、嘘をつき、ズルをして来た、そのために虚弱な部分が、コロナで一気に噴き出した。
この虚弱さを克服するには、真面目に自分の社会や国の向上に取り組まなければならない。どこからか盗んで来る事は出来ないし、手抜きで見せかけを取り繕う事も意味はない。金があっても買って来る事は出来ない。もちろん、共産党がいくら決定し、通達してもどうにもならない。どうしても時間がかかる事というのはある。これを理解する知恵というか、見識を身に着ける事は、中共をはじめ、今の中国にはつらい事かもしれない。

我々、日本の庶民は、とりあえず、手洗いを励行し、感染しない事を願いながら、日常を維持し、事態の終息を待つだけだ。





高須先生を支持します

コロナの件で、高須克弥先生、何で非難されるかわからない。
皆で神対応とやらをしあって、お世辞たらたらの砂糖漬け社会を作らなきゃいけないなんて話はないんだから、何も問題はない。
高須先生の発信をよく読みもしないで、あるいは、日本語の読解力もなしに誤解、あるいは曲解し、いちゃもんをつけたら、それは「無礼」だ。

要するにアレからん、中国におもねたい人たちが、目立つ人を攻撃してるだけかもしれない。邪推だけど・・・




2020年2月9日日曜日

被害妄想のツイッターをいちいち取り合わなくていいんじゃないかしらね。無視しとけば

イソコさん、ウソコになっちゃったみたい・・・というか、前から頓珍漢だったけどね。
新聞て、ああいうメチャクチャな人でも入社できるという事が世間に知られたのは功績かもね。つまり、クソコって事だけど。

俺、一般にはアソコは好きで来たんだけど、大幅に異常というか、かなりガイキチというか、そういうのダメだわ。

おっと、イソコさんから離れてしまった・・・話を戻すと、あれを野放しにしてるって、どうかと思う。でも、直接迷惑じゃないからどうでもいい感じが先にたつ。






ちょっと前の記事の訂正

前の記事で


韓国の文ちゃんは300万枚のマスクを中国に送ったと言ってるけど、実際は12万枚くらいらしい。

と書いたけど、150万枚だったようだ。訂正。

中国のコロナ関連の試算も色々出ている。
悪い事は小さく見せようとする中共の発表を大きく上回る数字だ。

姑息な真似はもうよした方がいい。影でコソコソ得点を稼いでいるようでも、正面で大量失点してるんじゃ、結局、マイナスにしかならない。

豊かになるのに、真面目に正直にやるしか方法はないんだぜ。共産主義者はズルする事しか考えないからダメなんだよ。


嫌な事ばかりだから、せめて軽口のひとつも叩きながらと思ってるのに、あんまりひどいんで、時々、素になってしまう。助けてくれよ。




2020年2月8日土曜日

暴走の老醜

ネットで極端な事を言い散らかしてカド立ててるの、たいていは爺さんらしい。ほとんどの若者は冷静に中庸な書き込みをしているようだ。

犯罪のデータを見ても、高齢者の犯罪は増えてるけど、若者の犯罪は減っている。

無軌道なのはジジィがほどんどで、たまにババァがいるという感じらしい。

おやおや、困ったね・・・





アメリカや日本の数字の方が信用できるよね

中国のコロナ関連の数字、感染者数とか、死亡数。本当のところはどれだけなのか、誰か試算してるんだろうね。
経済関係だと、インフレ率とか、半分とか3分の1あたりが本当の所とか言われてるよね。
今回、中国人ですら誰一人信用していないわけだし、共産主義政権、嘘ばっか言って来たわけだしね。

韓国の文ちゃんは300万枚のマスクを中国に送ったと言ってるけど、実際は12万枚くらいらしい。

スゲェ、フカシこいてんじゃん。




香港のマスク禁止おばさん、自分ではマスクしてたね あ、長官だっけ?

習近平が表に出て来てないらしい。

マスクかけてるからじゃないかな?




2020年2月6日木曜日

わからない人にはわからないだろうけど、親切にはしません 了承してください

統計的に脱原発派の思考を追跡してみよう。


パラメータ1を原発悪とし、パラメータ2を原発推進とする。


パラメータ1の事前確率を100にしたいが、それだとダメらしいので100歩譲って99、いや、80ポイントにする。
パラメータ2は0でいいのだけれど、100-80、つまり、1-パラメータ1にする。


事前確率が80と20、これに尤度を掛け算する。


原発は危険 パラメータ1が90 パラメータ2に5
ここは足して1にならなくても正規化するので比較的自由に数値をあてられる。


放射能は危険 ゼロでなければならない パラメータ1に120 2に4


計算すると、
パラメータ1 99.9%
パラメータ2 0.1%

ぐらいになる。


脱原発君は思う。やっぱり原発は危険で稼働させてはいけないんだ。統計的、数学的に証明されたぞ。うん、客観的だ。


事前確率が偏っていて、尤度も偏っている上にデータ数が少ない場合、当然、事後確率も歪んだものになる。
もう、こういう人はみんな、全財産をつぎ込んで先物投資でもしてくれと思うと同時に、こんな事すらやらないし、できないだろうなとも思う。


寒くなるのは、冬だからではない。







言葉狩りというトンチキの末路

「差別用語」とか「差別用語辞典」なんて表題の本がある。左翼の活動家が文章などで間違って差別用語を使ってないか参照するための本だと聞いた事がある。手に取った事はない。

左翼の活動業界では、差別用語を使う事が差別らしいから、自分は差別をしないという姿勢を示すために必要な事なのだろう。
だから、差別用語を使いさえしなければ、差別をした事にならないのがかの業界で、でも、未指定の言葉で差別が起きて、指定差別用語が増えるらしく、その手の本が改訂されているようだ。

でも、本当は、言葉狩りにひっかかると面倒臭いから、問題を避けようとしているだけだと、外からだと感じる。

結局、そんな本を使って差別用語を使わないように気を使ってまで業界コードを遵守するなんて、同調圧力に弱いという話でしかないだろう。

差別をなくそうとする=正義=言葉狩り・・・という論法なのかな、疑問を持ったりしないで同調する。ああ、先の大戦で、ドイツをはじめ、ヨーロッパの共産主義者や社民はナチスやファシズムに同調していったんだよなと、思い出したりもする。

レーニンやスターリンやトロツキー・・・ロシア革命が正義だった時には、おかしな事があっても、自分をたわめて同調してたんだよね。無理を通すために、自分から道理をひっこめて来たんだよね。それが世界的なマルクス主義の姿だったですね。

放送業界やマスコミ業界でも、言い換えや使えない言葉がある。これも面倒を起こしたくないからで、いちいち考えたりしないでいいように手引きがある。マニュアル化しちゃえば、右から左で処理が速くて楽だもんね。

こちらも面倒臭い事は嫌いだから、同調しているふりはするけど、あんなんで差別なんかなくせないだろうとは思う。世の中が豊かになって、わざわざ差別みたいな嫌な事をするほどねじ曲がった人間が減ったおかげで差別がなくなって来たとは思うけど、左翼やリベラルは役に立っていない。あいつら糞も味噌も一緒だから。

環境派とか、野党とか、婦人運動とか、リベラルとか・・・結局、みんな左翼だけど、特殊なローカル・コードの中だけでやってて、何だありゃとしか感じられない。自分たちが掲げている目標と、やっている事がどんどん関係なくなって行ってるように見えるからだ。あんたたち、無意味だよ。

差別用語なんて、妙な本を参照しなければ文章ひとつ書けないなんて、全体主義の萌芽以外の何ものでもない。

そんな事も感じられないほど、あの人たちは荒廃した文化を作ってしまった。

他人事ながら無残なものだ・・・


それらはさておき、日本は、世界一平等な社会を作った。それは、戦後日本の特筆すべき美点だ。この平等は、言葉狩りによってではなくて、経済発展によって実現した。
ここは大事なはずだ。




2020年2月1日土曜日

中国って欲深でがめついが、ここぞという時は何もできない。共産主義丸出しだね

アメリカが中国全土に出した渡航中止勧告に対して、
「薄情だ」
とする中国外務省報道官談話を発表した。

馬鹿言ってるんじゃない。アメリカをはじめ各国が支援を申し出たのを断って被害を拡大させた中国政府こそが見栄っ張りで薄情だろう。
大体、「薄情」ってな何だ? 薄情というのは、チベットで中国がやってる事じゃないのか? ウイグルは? 香港にはずいぶん温かくしてるな。台湾をWHOをはじめ、国際機関からつまはじきにしている情け深い国はどこだ?
一帯一路で高利の金を貸し、最後は相手国を乗っ取ってるのも情け深い事だよな。

アメリカだってどこだって、コロナに来られちゃ困るんだよ。だから、今は対処法がないから、とりあえず来ないでくれと言ってるだけだろ?
ロシアなんか、もうやってるだろ? 北朝鮮もだな。「薄情」とやらを。同じだよ。

日本もグズグズしてないでやるべきなんだよ。薄情を。ここで妙な「情」を見せてると共倒れになるぞ。感染症を受け入れるなんてよせ。

中国政府は、こうした危険を警告しようとした医者たちを「デマの流布」で拘束したが、一貫してデマを出し続けているのは中国政府当局だろうが。この間、すべて嘘だった。デマの流布で自分たちを拘束した方がいいぞ。もしかしたら快感があるかもしれないし。
中国政府は、いざとなると恐ろしく無能で、隠ぺい以外は何もできない事を世界に見せてしまった。本当に迷惑な奴らだ。

中共権力、凶暴で残酷で強欲で策ばかりめぐらしてるけど、認識力がなく、無能で、国民を弾圧する以外の行動力はなく、マスクひとつ供給できない程度の無内容な国しか作ってこられなかった事が、これではっきりした。




2020年1月30日木曜日

馬鹿馬鹿しいほどの惨めなわかりやすさ・・・哉

野党はコロナウイルスよりも、桜を見る会の方が好みのようだ。

コロナウイルスは、中共の中身のなさが露わになってしまった、つまり、中国にとってネガティブな話題だが、桜を見る会の方は、批判したり、取り上げたりするほどの実もないのに、日本にとってネガティブな感じがするんでいいんだろうね。野党には。

親中で反日だもんね。




2020年1月29日水曜日

左翼のサブ活動に意味などない

他の国は知らないが、日本において、環境問題は左翼の一部、下位運動でしかない。環境運動は環境よりも左翼政治を優先しているだけで、環境の事など本当には考えてもいない。あれはただの政治運動の変種だ。
そういう事で、環境問題などないと書いた。実際に彼らが提起している問題など、問題のレベルに達していない。ただ、突っ返すと政治的に問題にされて面倒くさいので、みんな表面的におつきあいしているだけだ。
イヤイヤながらお付き合いするというのは、無駄なコストを支払っているという事なのだが、そのコストの中に利権が入っている場合もあり、騒ぎさえすれば環境利権になってしまう事がある。脱原発の放射能利権がそれだ。国土を破壊しているソーラーパネルだ。


これは環境問題の例だが、他にはフェミニズムも同じだ。日本のフェミニズムは女性の権利のための運動ではなく、左翼運動の下にある政治運動でしかない。左翼が政治的にもてあそぶ「問題」のひとつでしかない。
中東問題に長く携わって来た活動家ジャーナリストの広河隆一は、化けの皮をはがせば、悪質な連続強姦魔でしかなく、エロ映画も及ばないような行為を長年にわたって繰り広げて来たが、フェミニズム界隈はこの男について沈黙を守っている。中東問題と環境問題を専門とする活動家、つまり、左翼の有名人であったため、フェミニズムは批判・攻撃を手控えたのだろう。被害女性よりも、左翼運動を優先させたわけだ。
このザマを見て、何が女権だよとせせら笑う人がいてもとがめだてはできない。
フェミニズムは、おしゃべりと仲違いに明け暮れていると言っていた人がいたが、それについては何も言えないし、レズビアンのお気の毒運動だと言う意見も検証する知見は持たないが、女権などそっちのけの左翼運動だというのは言える。
 女性に無礼な言動がないようにするといったルールなら、古い行儀作法で十分だし、フェミニズムなど持ち出す必要もない。女性の選挙権はあるから、政治的には女性の平等は実現している。
 ウーマン・リブと言った時期から約50年、あまり深化の見られないフェミニズムは、見直されていい・・・というか、この50年のフェミニズム運動なら、なくてもいいんじゃないのか?




2020年1月26日日曜日

環境問題など存在しない

福島の原発事故から始まった脱原発騒動を何年も見て来て、環境派が

1.無知で感情的な人たち
2.政治的に利用できればいいというだけの人たち
3.金銭的利益を引き出そうという人たち

に分けられる事がわかった。

なぜわかったかと言えば、原発を稼働させ、電力を供給した上で、次の手を打っていくという現実的な解を考える事さえせずに、恐怖にかられて判断し、無限の安全を求めるという、何だこれとしか言いようのないふるまいを続けているからだ。災の衝撃で取り乱したままの状態にとどまっているからだ。
その停滞に、嘘やデマがはびこっている。

真剣に地球環境を考えようという人は見当たらないというと、お怒りになる向きもあるだろう。しかし、原発事故そのもので死んだ人もいないのに、理性的に考える事を拒否し、科学を否定し、かたくなにただ原発を止める事が正義だとするのでは、主観的にはいくら真剣で真面目であっても、それはおかしな環境教を信心するのに真剣で真面目であるだけで、問題に向かい合う真剣さにも真面目さにもなっていない。

問題に向かい合う真剣さと、環境教を信心して一心不乱に「脱原発」の呪いを唱える真剣さを取り違えているだけだ。これは無知で感情的だとしか言いようがない。ただ、信徒に対して、その信仰が間違っているという説得は、タリバンやISに対しての説得と同じく、まず無意味だ。

次に政治的に利用できればいいというだけの人たち。これは共産党をはじめ、いつもながらタチの悪い進歩派で、こいつらが判断力も何もないのは、もう充分にわかっている。

それから、原発事故という大きな不幸を金にしようとしている者たちがいる。この災害利権屋は、日本各地の自然を破壊し、ソーラーパネルを設置するなどした連中を始め、色々とうごめいている。ソーラーパネルの設置そのものが災害や二次災害を引き起こしている他、反射光で近隣の生活を破壊するなど、様々に環境を破壊している。
これは菅直人と孫正義から始まる利権だが、震災のどさくさにまぎれて酷い事をしたものだ。二人とも許しがたい。

環境派から、原発を稼働させながらこの先何とかして行こうという建設的な意見はまったく出て来なかった。彼らは凝り固まっただけの人たちで、それを利用して勢力増進を図ったり、利益誘導を目論む連中がくっついている。

環境派など、もう相手にしない事にした。

環境問題は、環境派が自分たちの存在のために作り出したものでしかない。


環境問題などはない。





2020年1月22日水曜日

テリー・ジョーンズ死去

モンティーパイソンのテリー・ジョーンズが死んだ。77歳だった。
こんな事言うと嫌がるだろうから言う。

ご冥福をお祈りいたします。




口髭運動の提唱

韓国がアメリカのハリー・ハリス在韓米国大使の口髭を非難しているそうだ。
何だか無茶苦茶な言いがかりをつけているらしい。

そうか、じゃあ、口髭をはやす運動でもやるかね。

アメリカも、未来永劫、在韓大使は口髭の人物を任命して欲しいな。
もちろん、女性も付け口髭をつける。昔、スターシップという商業ロックのグループの女性ボーカルが口髭をつけてた記憶がある。










2020年1月10日金曜日

何だか、ちょっと目についた

●森まさこ法務大臣:「ゴーンは無罪を証明すべき」と言っちゃったね。
何じゃこりゃ、こいつ弁護士だぜ。弁護士で議員になる奴、薄ら馬鹿ばっかしだ。
この発言で、日本は推定有罪の国というゴーンの主張を裏付けたのと同じだ。
言い間違いであっても、法務大臣が言い間違えていい間違いではない。
昔なら、「だから女は駄目だ」と言われたけれど、今はそんな火中の栗を拾う者はいないから、女じゃなくて、お前、森まさこはダメだとなる。
このレベルじゃあ、法務大臣はもちろん、議員も、弁護士も辞めた方がいいよ。

●イラン:ウクライナ機撃墜しちゃったね。
アメリカとの緊張で、怯えきってるんだね。妙な去勢を張らないで、核開発をあきらめ、昔通りの親米国になった方が身のためだぜ。

●アメリカ軍が中東から撤収するのを心配してる人がいるけど・・・
米軍がいなくなったら、やっとイランと戦争できるという勢いのイスラエルがいるし、サウジもイランとはいつか決着つけなくちゃと思ってるしで、間に入ってなくちゃならない。それに、親米国の石油を全部アメリカが賄えるならいいだろうけど、中東の石油供給が不安定になったら、色んな国がアメリカから離れてしまう。
みんなが金を引き揚げたら、アメリカは破綻する。そうしたら中国も破綻する。日本だって危ない。
分かったような事言って、株価をいじろうとしたり、偉そうにしようとしたり、無知さらけ出したり、そういうのやめた方がいい。ダメだから。
とりあえず、すぐに何かが動いたり、変わったりという事はない。ちゃんと見てれば、変わる時はわかるから。

●で、今は台湾に注目しよう。日本の防衛にもかかわる所です。



2020年1月9日木曜日

イラン、今は核開発の方が大事だよね

何だか世の中には、ソレイマニをチェ・ゲバラになぞらえる人もいるらしい。うーん、そういえばゲバラもテロリストだわな。今の言い方をすれば。
ゲバラってのもかなり残虐な奴で、何であんなのをロマンチックに語る人がいたんだろう? きっと・・・

馬鹿だったんだな。



対ゴーン、失点重なる日本 ゴールなき宣伝戦

カルロス・ゴーンの話は宣伝合戦になって行ってて、段々とワケがわからなくなりそうな気配だ。

まず、検察が日産内の話に介入したのが間違い。ゴーンを挙げて点数を稼ごうとでもしたんだろうね。特捜の名が泣くぞ。
で、始めてしまったら、何が何でも有罪にしなくてはならないのが検察で、そこらの裁判と違って、まず確実に有罪にする。
それを察知したゴーンが、金持ちなもんだから保釈金を捨て、莫大な費用をかけて逃げ出した。
逃げられた検察は、慌てて大量の情報をリークしてるらしく、ゴーンネタが色々と飛び交っている。
ゴーンは逃亡先で会見を開いて無実と日本の司法の後進性を訴えた。

で、大事なのはゴーンが日本の司法の後進性を訴えたという部分ではないかと思う。

かつていくつかの裁判を傍聴した事があって、その時に感じた事は、ゴーンの訴えと重なるものだ。ゴーンの元々の容疑がどうであれ、ゴーンの指摘の半分はきちんと受け止めて変えた方が後々のためになるだろう。半分というのは、ただの違いをダメな所だと認識してしまっている感じがあるからだ。そこは無視していい。

ゴーンがどういう人物であっても、また、ゴーンが無実でも有罪でも、日本の司法に変えるべき点はあるのだから、さっさと変えるべきだ。お前の所の司法は人権なんか踏みにじってるじゃねえかとか、北朝鮮に言われたらどうするんだ。検察のメンツなんかどうでもいいという事がよくわかるだろう。
ここの所は、宣伝合戦で日本の分が悪い点だから早めにちゃんとすべきだ。

ゴーンは逃げ切ったから、もうどうしようもない。手続きに従って手配はして、後はあきらめるしかないだろう。

ゴーンさんも、あまり慌てて色々やろうとしないで、ここはじっくりとこれからの人生を考えた方がいい。今、あなたは逃亡犯の身の上なんだよ。



2020年1月7日火曜日

虐殺者ソレイマニの死なんてちっぽけな話じゃないのか?

アメリカがイランの特殊作戦部隊、ゴドスの司令官ガーセム・ソレイマニ(本当はモハメッドとムハマドとアハメッドとハメッドがいくつかずつ入る、長い長い名前なんだろうけど)をドローン攻撃し、戦死させた事で、色んな人が色んな事言ってる。

イランは核合意に違反して核兵器開発を進めて来た。ソレイマニは核開発にも関与していたらしい。シリアやイラクでのいくつかの虐殺の戦争犯罪人でもあったらしい。また、特殊工作やテロ支援もやって来たという。

こういう人物が、テロをやらせているグループにアメリカ人攻撃を計画させていたというので、米軍は先制攻撃した。でも、これは防衛作戦だ。この攻撃が報復を招き、アメリカ人が危険にさらされると主張する人がいるが、話が逆で、危険にさらされるから攻撃したわけだ。

ソレイマニはアメリカに対するテロ作戦に従事している時に戦死したわけだが、軍人が軍務中に戦死したからといって、イランは戦争を始めるのだろうか?

シリアではイスラエルの攻撃で沢山のイラン兵が死んでいる。
まあ、それもあってだろう、ヒズボラやヒズボラの支援を受けているパレスチナのハマスを使って、イスラエル攻撃をやらせている。これもソレイマニの関与している事だろう。でも、大々的な報復なんてものではない。

戦争は、もうやっていると言えばやっているし、北朝鮮との関係を考えれば、北朝鮮が開発した核兵器を、イランはもう持っているかもしれない。
金が欲しい北朝鮮は、必死で核兵器やミサイルを開発してイランに売り込んでいると思われる(だから、電子部品などを輸出してはいけないんだよ、文ちゃん)。
でも、核開発は途上という事になっているし、戦争はやっていない事になっている。このあたりの呼吸は大事なんだろう。
攻撃が行われ、戦闘もあるが、戦争ではない。戦争と政治の間のあたりなんだろう。

イランとしては、一応、報復を誓ったりするだろうけど、本当のところ、司令官が一人死んだぐらいで大きな所の変更はないだろう。
それよりも、このあたりでアメリカの忍耐も限界になると読んで、実際には大人しくなるかもしれない。もし、本当に報復したりしたら、アメリカも黙っていない。

くだらない戦争犯罪人の人殺しが死んだぐらいで、大げさに騒ぐ必要ないだろうね。

そうそう、イランも、昔、「悪魔の詩」の翻訳者を殺すテロを日本でやったよね。それこそ、日本の主権侵害だったね。殺人だし・・・




2020年1月3日金曜日

あけまして、おめでとうございます

保釈中だったカルロス・ゴーンの国外逃亡。年末も年末になって起きた事件だった。裁判になったら無実でも有罪になる確率が高すぎる。このリスクは取れないから、冒険であっても逃亡しようと判断したんだと思う。

そもそも、日産内部のもめ事に検察が介入したのが悪いんじゃないかとは思うんだけど。国家機関のそうした行為の結果、根拠が薄弱な罪に問われて服役するよりも、身を守るために逃亡するってのも、人権の自衛という理解は出来る。
それはそれとして、日本は法を破られたままにはしない方がいいので、レバノンで身柄を拘束するのは無理でも、ゴーンの行動の監視、受け入れたレバノンへの対処をすべきだろう。

昔々、韓国の情報機関が金大中を誘拐して日本の主権を侵害した。その時、金大中はどさくさに紛れて、被害を大きく見せようとしたのか、韓国に連行される途中、自衛隊の航空機を見たなどと、韓国人らしく、反日の嘘をついたりもした。でも、ダメだったのは日本だ。あの時、事を曖昧にした事で、日本は主権侵害に鈍感で何もしない国だと思われるようになった。
北朝鮮が多数の日本人を拉致した件も、日本政府はズルズルと曖昧にして来た。で、主犯の金正日が「やった」と言ったので、真っ青になり、慌てて拉致問題に乗り出した。国家の主権を侵害され、国民の生命が脅かされていたのに、政治家と役人は逃げ腰を続けていた。日本は腰抜けの無能国家だと認識された。

こういう事は喧嘩と一緒で、勝ち負けは関係なくて、手ごわい奴だと相手に思い知らせないと、どんどんやられるようになる。善良で温和な相手ではないので、嫌でも厳しくするしかない。

令和になって、日本は、そういう所も変え、もっといい国になってもらいたいものです。

あけましておめでとうございます。


2019年12月28日土曜日

よいお年を

普段から感心しているのは、ツイッターやらブログやら、みんなが毎日、沢山書いている事だ。そんなに書く事がないし、書けない。本当に凄いと思う。

グレタ・トゥンベリさんは、16歳で世界などというつまらないものを相手にしていないで、友達と、
(グレタだと、グー子とか呼ばれるだろうと想定して)
友達A子「なあ、グー子、お前、クラスのB太どう思う」
グー子「どうって、あいつ、馬鹿じゃん」
A子「そうなんだよ。あいつB子が好きみたいで、買い物の店までくっついて行って。ベーグル見てたら、ドーナツって言ったって」
グー子「いてえよ。最低の馬鹿だよな」
A子「で、B子、うっとおしがってさ。死んでくれないかなって」
グー子「あいつさ、鉄ちゃんのC之介イジメてんだろ。あれもウザイよな」
A子「今どきイジメってよ。ホント、煮しめでも食ってろっての」
グー子「何だよそれ、煮しめって、可笑しい。ハハハ」
A子「嫌いなんだよ」

てな実り多い会話を狭い世界の、より狭い親密な関係の中でしている方が人間性を満たしてくれるだろうにと、痛々しく感じる。

中共が、家族・関係者までを沢山殺して弾圧した中国武術では、事態が満ちた時、変わらなければならなくなる。例えば、相手の中心を取ったら、その状態を変えないために、態勢を変えなければならない時が来る。そうしたら、その重要な部分を変えないために、他を変えなければならない。変える事が目的ではないと教える。
グー子の言動を見ていても、このままだと、変わらないために変わるというような事がわかるようになるとは思えない。つまり、柔軟性がまったくなく、硬直した思考しかしていないという事だ。
周囲の大人は、教えてあげなくちゃ、そして、今しかできない事を奪って、世界なんかに引っ張り出してないで、A子とグー子の世界に帰してあげなくちゃいけない。
言い方を変えると、グー子は虐待されているようなものだ。

とか思ったりするんだけど、通りすがりなもんだから、そのままにしてしまう。

あるいは・・・

韓国人は日本が嫌いだし、日本人も韓国が嫌いだ。だから、付き合わないのが一番だ。
北朝鮮が専制的軍事国家で危険極まりないから、韓国と日本で対処していければいいのだけれど、韓国はまったく約束守らないし、日本を憎悪するだけだ。そして、密かに北朝鮮に協力している様子もある。そういう次第で、本当はもう相手にしていられない。文ちゃんは酷いけど、文ちゃんを大統領にしたのは韓国人の多数なんだから、やはり、もう韓国との付き合い方、考えなくちゃいけない。疎遠が一番だ。

なんて、前から言ってるけど、繰り返し感じる。でも、繰り返しだからと思う。


そんな感じで不活発なんだけど、嫌がってくれる人もいるみたいだし、続けるだけはダラダラと、来年も続ける事にします。

よろしく。

良いお年を。


2019年12月9日月曜日

おかちめんこって、知ってる?

若い人と話をしていて「へちゃむくれ」という言葉を知らないというので、アレっと思って、じゃあ「おかちめんこ」はと聞くと、やはり知らないという。んじゃ、そういう用法での「お多福」とか「おかめ」という言い方を聞いたところ、やはり知らなかった。

まあ、良い言葉じゃないから知らなくてもいいんだけど、良い言葉だけが言葉じゃなくて、毒づいたり、けなしたり、傷つけたりする言葉も言葉であって、そういう悪の契機も文化、文明は内包しているわけだから、気になったりする。

悪い言葉が消滅すれば、悪も消滅するなんて事は金輪際ありえない。別の言葉が、悪い用法を担うようになるだけの話だ。だから、言葉狩りは、本来、まったく違う意味の言葉が差別的に使われる場合を想定していないので、目的を果たせる可能性がないという意味で、最初から失敗だと思う。

言葉狩りはさておくとして、言葉の多様性なんてのも顧みられなくなったんだな・・・






2019年12月6日金曜日

日本も香港やウイグルの人権法を作っていい。チベット、モンゴルも忘れずに

日本も、「香港人権法」、「ウイグル人権法」、それに「チベット人権法」「モンゴル人権法」を作るべきだ。




2019年12月1日日曜日

「革命」って、何?

マルクス主義の言う「革命」とは何だろうか?

ロシア革命は、アナーキストがやった革命を、ドイツの支援を受けたレーニン派が裏切りと暴力で横取りしたものだったが、レーニンらがロシア革命はボルシェビキ革命だと言い抜け、嘘をまき散らした。それ以後、突然、マルクス主義者が増えた。だが、マルクス主義者に革命を起こす力はなかった。ロシア革命での経験も蓄積もなかったからだ。

そこで、第二次大戦中、共産ロシア(ソ連)は占領地区を支配下に置き、それを「革命」と呼ぶ事にした。
「革命」というのは、ソ連に占領され、属国として支配下に置かれる事だった。
今の日本なら、中国か北朝鮮に占領支配されるのが「革命」だ。もしかしたら、ロシアもまだ狙っているかもしれない。江戸時代末から、強行上陸、占領などして、ロシアは日本を狙っている。

これを歓迎しようというのが、日本国内の左翼と、隠れ左翼のリベラルの人々で、占領され、支配されるのを喜ぶというのだから、頭が足りないか、おかしな連中ばかりになる。彼らは政治改革と社会改革の区別もつかない程度の頭だし、人格的にも、とてもじゃないが指導者になどなれない。でも、昔のソ連、今なら、中国、北朝鮮にとっては、その方がいい。気の利いた人間だと、反抗するに決まっているからだ。

という事で、これまで「革命」を目指して来た人たちは何にもわかっていなかった。いくらいい人であっても、能力を持っていたとしても、根本的な所でダメだった。人望があったり、行動力や様々な処理能力を持った人は、結局、はじき出されたらしい。疑問や自分の考えを持つからだ。

世界中の左翼が、馬鹿で暴力的でどうしようもない連中ばかりになるのは、今なら中国にとって、どうせ捨て駒だからだ。

政治革命という事になるのかな? マルクス主義革命って、そういう禍々しいものだ。





彼らを煽った連中はひどいよな

香港、アメリカで香港人権法が成立したけど・・・
この先、中国も、香港のいわゆる民主派も身動きが取れなくなって行く。
民主派が鉾をおさめて、秩序が回復したら、中国政府はほとんどの活動家を把握しているだろうから、逮捕して行くだろう。
突然消えてしまう若者が沢山出る事になる。おそらく彼らは別人になって帰って来る。
そういうやり方を知っていれば、戦争ともいわれる騒乱状態を続け、戦っている方が安全という事になる。
だが、いつまでも戦争を続ける事は出来ない。
世界中で、戦争を続けているテロ組織の後ろ盾はロシアか中国だ。だから香港の民主派には後ろ盾がない。台湾かアメリカに逃げる以外ない。

中国当局は、秩序回復後の取り締まりの準備をしているだろう。中国は日本のように人権など気になどしない。捕まったら臓器を売られる者が出るかもしれない。法輪功と同じ扱いという事だ。

香港の若者たちは、どうしてここまで来てしまったのだろう。中国政府が無慈悲で残酷で、譲歩などしない、図々しい存在だと知っているだろうに・・・

中国は、彼らの行動が報われるような場所ではないのに・・・





2019年11月27日水曜日

あいつら、カッコつけてるだけだろ。

2019年11月26日午前の記者会見で、小泉進次郎環境大臣が

(ロックバンド「コールドプレイ」が地球環境への負荷を理由に新作アルバムのツアーを実施しないと明らかにしたことについて)「なぜコールドプレイが飛行機に乗らないのか考えるきっかけになれば素晴らしい。世界を動かすアーティストの力は大きい」

と言ったらしい。
んじゃ、きっかけに考えてみよう。

コールドプレイか・・・答えは・・・
バンドマンだし・・・

馬鹿だからだろうね。

それに、このご時世、ツアーしても新作アルバムなんか売れないだろう。1曲か2曲、良いのがあれば、配信で売れる程度だろ、どこのバンドも。
ロックなんか、好きなの高齢者ばっかで、シャンソンと変わりないし。
だから、コールドプレイの力なんか、大したことないんじゃないかな。実際は。

ついでに考えを進めると、小泉って、親子して馬鹿だね。恐ろしい馬鹿の血脈だ。

それとは別に、コールドプレイか・・・進次郎センセ、ホントはあっちじゃないの?





2019年11月24日日曜日

文ちゃん、終わりの始まり・・・

GSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)騒ぎで、文ちゃん、終わったね。おやおや。

でも、かなりなところ韓国を破壊したから、文ちゃん、気を取り直して、それを成功だと思ってるかな? 
北朝鮮からしたら、韓国の資金が頼りなのに経済を壊しちまいやがって馬鹿やろうめという事になるかもしれないね。韓国や日本のフリをした北朝鮮機関がアジア各地で色んな活動してるみたいだからね、そういう時に、金王朝は妙な変化を好まないだろうね。統一なんかされてもうま味なんかないぞという感じ。

それを、文ちゃん、やらかしちゃって・・・

文ちゃん、最後の日々が始まっちゃったね。北が怒ってるようだから、死ぬかもね。

日本を見てもわかる通り、左翼やリベラルって馬鹿だもんね。これは、昔、言う事を聞くだけの馬鹿をソ連や中国が求めた結果だね。
左翼に必要とされたのは、疑問を持たず、頭を使わず、馬鹿で、鈍感で、無神経で、滅私奉公をし、嘘をつくのが平気で、変化があれば嘘をつきなおせばいいというぐらいに心得ていて、普段の主張よりも党派性を優先するような無責任で不真面目で、真剣みがなく、気の利かない人間だった。そうじゃない人は、追放されたり、粛清された。
歴史的に、共産党が単独でやった革命はひとつもなく、他の誰かがやった革命に後ろから襲い掛かって横取りするのが共産党のやり方だった。これをボルシェビキ方式という。

後は、東欧のように、占領地域を支配するために共産党を作って統治させた。それまでナチスドイツの協力者が統治していたのを共産党統治にする過程で、沢山のナチスが共産党に入り込んだとされている。ソ連もアメリカも、そんな事は知っていただろう。でも、それで良かったんだろう。建国期のイスラエルは、大国の動きを知り、旧ナチスの人間を脅して、東欧からイスラエルへの移民をスムーズにさせていたという。それ以上はさせてもらえなかったんだろうね。

中国共産党も、抗日戦など何もせず、国共合作後も国民党軍を後ろから攻撃していただけだったのが、最後は、国民党の革命を横取りしただけだ。後は、嘘で塗り固めた歴史を続けている。中国派は恥を知れよな。

そういう事だから、ソ連は各国の共産党支部に、能力の高い人間を求めていたわけではなかった。ソ連がそこを占領する時に受け皿の歓迎活動をする人間がいればよかっただけだ。その結果、無知で馬鹿な連中ばかりになってしまったんだね。頓馬でもある。

共産党って、その設立目的から言って、革命を起こすための団体じゃないんだよね。従順な馬鹿を飼っておくための団体。それで寒々しい連中が集まる事となった。

あいつらでも、もっとまともな人生歩めただろうに・・・




2019年11月9日土曜日

何の不足があるのかね・・・

マルクス主義に矛盾がないとしたら、無矛盾なのに、まったく最低以下の結果した出せていないんだから、話しにならないシロモノだとするしかない。

矛盾があるとしたら、こんなに長い間、矛盾をどうにもできないのは、それが不可能だからで、その結果、世界で悲劇が起きている。やっぱり話にならないシロモノだとするしかない。

まだマルクス主義に可能性があるなんて考えるのは頭が悪い証拠だろうけれども、資本主義の悪口を言えば、マルクス主義の正しさが証明されるなんてワケはないぐらいはわかってないとまともに相手にされないぜ。

でも、もしマルクスが今、生きてたら、エコロジーなんて、口汚く罵り、とことんこき下ろすだろうとは思う。エコロ左翼なんか、きっと泣き出すだろう。あの手合いは、レーニン/スターリンの系だね。マルクス主義の中でも特殊な閉鎖系だ。つまり、低能だって言ってる。悪い意味で頓馬だとも言えるだろう。

現在の問題は、人類を一番幸せに出来るのが、とりあえず資本主義というロクでもないものしかないという事だ。他にもっといいのがないかという探索はすべて惨めで悲惨な失敗に終わった。もう、今あるものを、何とかして行くしかないんだ。
まだ、他にいいのがあると、何となく思っているとしたら、よほどぼんやりしているか、かなりのニヒリストかだろう。

古い言い方をすれば、良く見えるような隣の芝生なんてどこにもない。






芯の太さとフレフレ

主な筆記具はシャープペンシルだ。1ミリの太字と、フレフレ式のを使っている。
フレフレ式というのは、芯が短くなったら、ペンを上下に振ると出て来るという方式で、ノック式よりも使い心地がいい。

太字は、書き心地が良くて使うのだけど、これにはフレフレ式がなかった。
太字でフレフレがあるといいと思い続けていたが、0.9ミリ芯のを見つけた。

こういう事って意外と嬉しいものだ。






もっと、こう、アラエッサッサーと・・・

安倍総理、国会でけっこう野次飛ばすらしい。
いいんじゃないかな。どんどん野次って、野党を野次り倒せば。
政治なんて、オツにすましたもんじゃないんだし、それに、政治家は国民の代表であって、国民はコレなんだから。どんどん代表するのがいい。
野党なんて、ほとんどの国民を代表できない薄ら馬鹿だから、それを丸出しにしてやってる。
それに比べたら、安倍サン、まだまだ上品すぎる。






人類の極小問題

昔、マウスを始めて使った時、机が足りなくなって往生した。
ウインドウズも、出来るだけキーボードで操作していた。今でも少しの事ならキーボードでやっている。
ノートパソコン、タッチパッドが親指の所にあるのは困る。スペース・キーを叩いた勢いでタッチしてしまい、思わぬ動作が起きてしまう。どうせ、マウスはキーボードから手を放して使うのだから、右上の角のあたりにでもある方が間違いがない。昔、トラックボールが右上にあるデザインのノートパソコンがあったけど、どこのだったかな?

マウスは小さいのを使うようになった。その方が楽だからだ。こういうのも色々と変わるようだ。


だらしない性格なので、机の上に色んな物が散らかっている。マウスをやめてトラックボールにしようかと考える、今日この頃だ。






環境問題・・・

中国をなくせば、地球規模の環境問題が軽減されるだろうね。
中国人とインド人が衛生、清潔なんて事を実行できたら、大きな成果だろうね。
中東やアフリカはわからないけど、どうなんだろうね?

ああ、そうそう、フランス人も風呂に入るといいよね。




2019年11月4日月曜日

オリンピックって、オカネの臭い、凄いよね、IOCさん ー 祝、マラソン札幌開催

オリンピック、マラソンが札幌になったけど、マラソンなんて別にいいや。ラグビーが東京なら。




2019年11月1日金曜日

2月の憂鬱

「2月」は尾高に言う。尾高とは、「にがつ」の「に」よりも「つ」の方を高くしゃべるという事だ。
これを頭高に言う人が多い。間違いだ。しかし、学校の先生も間違えている。正しい日本語をしゃべれないようなら、本来なら教員などになるべきではない。
母語もきちんと喋れないのに、外国語の習得になると、やれ発音だ、イントネーションだと言い出すが、雑な耳になっているから苦労する。母語をきちんとしてからの方が楽だし、早い。

中学の時の英語の先生は、「Postman」は、あえてカタカナで書くと「ポスマン」と発音するのを知らない人だった。他でも馬鹿だったけど、本業でもダメな奴だった。
字も汚く、板書もミミズなので写せないでいたら、貧乏な家の子だけが殴られていた。
いつもそいつだけが殴られるので、ガキ大将が抗議したら、やらなくなった。

ネット配信のドラマで田舎出の役者だろうか、頭高に「2がつ」と言っているのが気になったら嫌な事を思い出してしまった。きっと演出の人間も田舎の人で、間違っている事に気が付かなかったんだろう。

「古事記」を「乞食」と言う人もいるらしいから、すでに日本語の乱れを憂慮する段階ではなく、諦めなければならないだろうと思う。だから、こうして書いている事は愚痴にすぎない。











中国の監視映像と日本の希望

夕方のテレビのニュース番組などで、やたらと中国の映像が放送されている。
中国で何が起きようが強くどうでもいいからほとんど見ないのだが、放送される量が多いので目に入ってしまう。

ところで、アレって、中国政府の監視映像だよね。そう思って見ると、こんな所にまで監視カメラが設置されているのかと驚く。おそらく、都市部はすでに監視カメラだらけで、まだまだ増えて行くのだろう。今の中国は凄まじい監視国家だ。

もちろん、ウイグル自治区の回族やチベットなんかの映像は、中国の残虐行為が記録されているから表に出て来ない。どうでもいいと中国当局が判断したクズ映像が一山いくらで売られているのだろう。日本のテレビがそれを安く買って埋め草に使っている。中国共産党政権による人権侵害に協力しているようなものだ。

中国政府がAIに注力している理由のひとつが、増え続ける監視カメラ映像だろう。すでに1億人の顔認証が出来ると顔認証ペイの報道で見た。日本国内の映像もハッキングして、日本国内にいる日本人の顔認証をやっていても不思議ではない。だって、そういう国だからね。

テレビは本当に馬鹿が作っているメディアだが、報道とか言っちゃって、外国の監視映像を垂れ流すに至って、見下げ果てたシロモノとなった。
昔、一億総白知と、テレビを非難したのは大宅壮一だが、そういう影響力はなく、テレビだけが単独で白知に成り下がった。老人たちの多くは団塊だから粗製乱造、白知のまま死んで行くが、若い人たちは知的で冷静になって来ている。

希望を語れるのは年寄りがもっと死んでからだろう。その頃にはこっちも生きてないだろうけど・・・